本当にほったらかしで儲かるか?

  • このページを後で読む...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ネットビジネスを始めると、必ず一度は「ほったらかしで儲かる」という 言葉を聞いたことがあると思います。

    似たような言葉としては、
    なにもしないで日給○円
    自動販売機
    現金回収機
    うちでの小槌
    などがあります。

    これらの言葉は本当なのでしょうか。
    結論だけ先に言うと、半分正しいけれど、半分間違っています。

    このほったらかしという言葉をみかけたときは、よく注意して下さい。
    「ほったらかし」と言い出した時、その根拠はだいたい3パターンぐらいあります

    ほったらかしの根拠[1]「ネットビジネスの特性」


    「ネットビジネスでは、一度ホームページやステップメールなどを作ってしまえばまるで24時間働き続ける営業マンのように稼働するので、自分は寝ていても遊んでいても儲かるという」主張です。
    非常にもっともらしいのですが、これってネットビジネスだけの特性でしょうか?

    まず、「一度仕組みをつくってしまえば、自分は何もしなくても儲かる」という のは、ネットビジネスではなくても同じです。

    あなたがラーメン屋を開業し、ラーメンの作り方からお客さんのさばき方、仕入れの 方法など、すべてを従業員に教え込めば、あとはほったらかしでもラーメン屋は 稼動します。

    仕組みをつくってしまえば、自分はその場にいなくても儲かるというのは、どんな 商売でも同じことです。
    難しいのは、どんな商売でもその仕組みを作ることです。

    もちろん、ネットビジネスが他の商売に比べると、儲かる仕組みを作りやすいともいえます。
    アクセスのあるサイトをつくり、アフィリエイトリンクを張れば、それだけである程度の 収入が発生します。
    これだけなら、金額は小さいですが、誰でも簡単にできます。

    これを「ほったらかしで儲かる」というならば、確かにそうかもしれません。
    しかし、「打ち出のこづち」、「寝ているだけで●●万円」という表現になってくると 少し違うのではないかなという気がします。

    ほったらかしの根拠[2]「誰も知らない裏技」


    「ほとんどの人が知らないある方法で・・」というお決まりのセールスレターから始まる 情報商材がこのパターンです。

    ぶっちゃけ、これが一番怪しいです。

    まず、本当に実行できるかどうかわかりません。
    下手したら、法律に抵触するような情報まで出回っているようです。

    次に、もしそれが実行可能で、素晴らしいアイディアだったとしても、情報商材として 販売されている時点で、「誰も知らない裏技」ではなくなってしまいます。
    以前は儲かったんだけれでも、次第に知れ渡ってしまい、作者自身も儲からなくなってきたから 販売を始めたというパターンです。

    このパターンの主張にはひっからからないようにしましょう。

    ほったらかしの根拠[3]「自動作成ツール」

    アフィリエイトの貼り付けや、メール配信など面倒な作業を、プログラムが自動で実行してくれるから、 ほったらかしで儲かるという主張です。
    自動作成ツールには様々な種類があり、ざっとあげると、

    ブログ自動作成
    アフィリエイトサイト自動作成
    ランキングサイト自動作成
    HP自動作成
    携帯サイト自動作成
    など、多数のツールなどが販売されています。

    自分はなにもせずに、プログラムが勝手に儲かる仕組みを作ってくれるのだから これこそ「ほったらかし」だと、ネットビジネス初心者の方ほど、すぐにとびついてしまいます。

    自動作成ツールは、確かに便利な面もあるのですが、実はほとんどの場合は、そのまま使ったのでは効果が全くありません。
    原因はいろいろありますが、一番の問題はSEOに非常に弱いことがあげられます。

    たとえば、ブログ自動作成ツールなどは、アフィリエイトリンクを含んだページを無限に作ることができますが、肝心なテキストコンテンツが弱いため、検索エンジンにほとんどひっかかりません。
    特に、パンダアップデート、ペンギンアップデートが誕生した2012年以降のグーグルでは、まずアクセスは見込めないはずです。

    この欠点をカバーするために、テキスト文章も拾ってきてページを作成するというツールもありますが、今度はは著作権に問題が発生してきます。
    この問題を根本的に解決できる自動ツールはいまだにみたことがありません。
    それゆえ、こういった自動ツールは、使う人のアイディアによって結果が大きく左右 されてしまいます。
    残念ながら、このアイディアこそ、初心者と上級者の差が一番大きいものです。

    上級者は、ネットビジネスに関して沢山の知識と経験を持っています。
    上級者なら、自動作成ツールを導入するときも、。 「あのツールとこのツールを組み合わせて、ここで紹介すれば・・・」という発想がでてくるので、他の人とは違う結果をだすことが可能です。

    いずれにしても、初心者がほったらかしでも儲けるということは、まず無理だと考えて 間違いありません。
    初心者の方は、こういった「ほったらかし」といった言葉に踊らされず、地道にネットビジネスのスキルを向上させることが、回り道のようにみえて、実は儲けるための最短の道ではないでしょうか。